FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せはものの見方で決まる。

「ものの見方検定 」 ひすいこたろう/著者を読んだ。

ものの見方検定 [ ひすいこたろう ]

価格:1,620円
(2016/12/25 17:46時点)
感想(2件)



ないものに目を向けたら不満が生まれる。あるものに目を向けたら感謝が生まれる。
ないものに目を向けたら3秒で不幸になれる。あるものに目を向けたら3秒で幸せになれる。
とのこと。

その通りである。わかってはいるが、どうしても無いものに目がいってしまう・・。
お金や欲しい物が手に入れば幸せになれると思いがちだが、それは安心や満足感を得たいから。
安心を手に入れたと思うことは、将来の事を不安だったり、今の現状が不満であったりする。

しかし明日の事は誰もわからない。今日一日生きられた事が、幸せな事なのだ。

自分で信じられる限界が、現実の限界です。
自分が難しと思っていれば、難しくなるのは当たり前。
とのこと。

これは人生を思い通り生ることが出来た人の、重みのある言葉になるだろう。
生きていて厳しい状況だと思えば、厳しい現状が与えられる。
厳しいと思われる状況の中でも、幸せと思える状況は少なからずあるはず。
ほんの少しの幸せの積み重ねが、厳しい状況から幸せな状況になる近道なのかもしれない。
なりたい自分になれる事を信じることが大事なことだと伝えている。

自分がどう思っているか、それこそが宇宙最大の影響力。
あなたの世界のルールは、あなたの「思考」が決めている。人生で起こっていることは、全て最高のことである。
とのこと。

全ては自分の「思考」次第であり、自分を信じていれば最高の人生になる事を伝えている。

著者は斎藤ひとりさんの「ツイてる」に共感しあう仲間と出会った事がきっかけとなり、夢だった作家になった。
「思考が実現」する方法を新しい視点で書いた「世界一ふざけた夢の叶え方」も楽しく読めるので、年末年始にはお勧めの一冊である。

世界一ふざけた夢の叶え方 [ ひすいこたろう ]

価格:1,512円
(2016/12/25 18:15時点)
感想(4件)




自分らしさ ブログランキングへ

にほんブログ村





スポンサーサイト

人生は勝手にうまくいく。

「自分神様を表に出せば、人生は勝手にうまくいく」大木 ゆきの/著を読んだ。

「自分神様」を表に出せば、人生は勝手にうまくいく [ 大木 ゆきの ]

価格:1,512円
(2016/12/18 17:59時点)
感想(1件)



「宇宙とつながつている無限の才能を持っている神の分身が現れた」と自覚する。とのこと。

神の分身とは、もともと自分自身の中に存在している魂のことだと思われる。
現れたのではなく、その存在に気付くことだとと思う。その気付きがとても大切だ。

いつもここは神様がいる空間だという意識をもつ。
幸せを探したり、手に入れたりするものではない。
最初からあったもの。あなたの存在そのものが幸せだった。
とのこと。

魂とはここでいう自分神様のことであり、内神様とも言う。
この魂の存在そのものが幸せに導いてくれる。それを邪魔してしまうのが、過去の経験であり思い込みである。
変えることの出来ない過去を後悔するよりも、今ここで生きていることを幸せに感じられることが大事だ。

お金・パートナー・健康・・・あってもなくてどちらでもよい。
それより今この時間を楽しもう。宇宙が与えてくれたこの人生を最高に生き切ろう。
その状態こそが「自分神様」として生きている状態。
とのこと。

お金は無いよりあったほうが良い。病気よりは健康な方が良い。
肉体を持って生きている以上、欲して当然のこうとだと思う。だって人間だもの。
しかし、その事に囚われることなく、自分神様である魂の導きにゆだねることができれば更に幸せな状態になるのだろう。

自分神様はあなたが受け取れる枠を広げていきます。
あなたの素晴らしさに限界はありません。
どこまでも素晴らしい体験をしていくことが宇宙の流れである。
とのこと。

自分神様である魂の存在を受け入れることができれば、楽しく幸せに生きる事ができる。
魂は宇宙と共存している存在であり、そのことがわかれば魂が歓ぶ生き方である宇宙の流れに身をまかすことができる。


自分らしさ ブログランキングへ

にほんブログ村





気功は宇宙とつながってるの?

「宇宙とつながる気功レッスン」メグミ・M.マイルズ/著を読んだ。

宇宙とつながる気功レッスン [ メグミ・M.マイルズ ]

価格:1,620円
(2016/12/11 17:01時点)
感想(1件)



気功のコツは丹田に気持ちを集中させること。
丹田は気の海であり、人体のエネルギーの中心である。
丹田に手を当てて、そこに気の玉が集まったボールをイメージして丹田に入れる。

次に手で気を集めて小さいボールをつくり、そのボールを大きくする。
両手の間のボールが大きくなった時、丹田のボールも大きくなっているイメージとなる。

それを繰り返し、最後に手にあるボールを丹田にしまう。
終わった事を意識して閉める。これを「収功」と言う。
とのこと。

気功の基本は気を感じることである。気をイメージすることができれば、宇宙につながる気功ができる。
気のパワーは誰にでもある。 でも触れたが、気が集まると手がピリピリする感じがある。目には見えないが、誰にでも気を感じる事が実感できる。

丹田のボールに対して、手でたき火にあたっているイメージや、あたかも太陽がそこにあるようにイメージする。
だんだん気が集まってきたら丹田の門を開く。これを「開門」と言い、ぐっと両手を開くイメージを持つ。
すると丹田の中のボールがぐわっと広がって、体の外に出て宇宙まで飛ばすイメージとなる。

そして宇宙から新鮮でいい気をいっぱい集めて、また丹田に帰ってくることにになる。
その気を丹田の中に入れて「閉門」する。そしてまた「開門」し、それを繰り返すことになる。それを「意念」と言う。
とのこと。

次のステップは、その気を循環させて宇宙と繋げることにある。常に新しい気に包まれる事により、「心」や「魂」が安らいだ状態となる。
自分の場合は深呼吸を行い、吸うときに新しい気を丹田に集めて、吐くときにいっきに古い気を吐き出して、どんどん新鮮な気を丹田に貯めるイメージとなる。呼吸に合わせて、気を連動させるとイメージしやすい。

関心を持つと気は見える。見えたら一切の思い込み・思い入れを捨てて無心で見る。
ポイントは「淡を保て」であり、火の熱意と水の冷静さを同時に保つことが「淡」である。
両方のバランスが保てると、気の自然の流れにうまくの乗ることができる。
とのこと。

これは生き方にも言えることだと思う。
どう生きたいのか?何がしたいのか?その事に意識を向けると、何らかのアドバイスが聞こえたり、見えたりすることがある。
それは、何気ないテレビの中での会話であったり、普段気にも留めていないポスターが、目に入ってきたりする。

なんとなくで良い。何かを感じた時には、熱意と冷静さ保ち、見極めることが出来れば自分らしい生き方が出来るのだろう。
気功を会得することは、自分の生き方を会得することに繋がると思われた。


自分らしさ ブログランキングへ

にほんブログ村





神様とメル友になれるの?

「神様とメル友になれる本」田中小梅/著を読んだ。

神様とメル友になれる本 [ 田中小梅 ]

価格:1,500円
(2016/12/4 17:18時点)
感想(0件)



件名を「神様へ」と書き、自分のメールアドレスへ送る。尚、筆談でもよい。とのこと。
どうやら自分の中にある内神様、すなわち自分自身の魂とのやり取りとなる。
著者宛にメールを送信し、それに対して返信されるわけではないので、怪しい書籍ではないようだ。

内容は「あいさつ」「自己紹介」「神様のことをどう思っているか」「神様にお世話になれることの感謝の言葉」それから「相談内容」を書く。とのこと。
本当に神様宛にメールを送るものとして書かなければ、意味がないようだ。

初めてのメールが届いたら「自分が神様なら」という気持ちで神様になりきって返信する。とのこと。
本気で書いて来た内容に対して、自分の魂からの叫びと思われる言葉で返信することが大事なようだ。
誰も見ることのない内容だからこそ、客観的に自分を顧みて、魂からの思いを返信することがポイントのようだ。

幸せ上手は自分の機嫌をとるのが上手であり、どんなにいやな事があっても気分転換して気持ちを切り替えることが上手とのこと。
言葉で言うのは簡単だが、いやな出来事や悲しい出来事に対しては一度落ち込むなりして、自分の気持ちに素直に従う事が必要だと思う。
一度その気持ちを受け入れた後で、気持ちを切り替えれば良い。落ち着くまでに時間がかかることもあるだろうし、その後でゆっくり自分の機嫌を取ればよい。

神様が伝えたい言葉は「もっと自由に生きなさい」「好きに生きなさい」とのこと。
だれもがそうしたいと思っているが、なかなか出来ないのが現状である。
しかし、限られた人生の中でいつかは死ぬと言うことが腑に落ちれば、自由に好きな生き方を選べるのだろう。
わかってはいるが、死を迎えるという事を受け入れる時期が来なければ、自由に生きる道を選択する勇気を持つ事が難しい・・。

自分の幸せを邪魔していたのは自分である。自分の才能を一番信じていないのも自分。
自分の希望や夢をネガティブな感情で覆っていたのも自分。自分で制限していたことに気付くこと。
とのこと。
その通りである。本来は人それぞれ自分らしく生きることができるのだ。人にはその力があり、魂はそれを望んでいる。
そういう意味では、自分の魂になりきることで、自分自身を信じることの大切さを伝えることが出来るのかもしれない。

自分が人生の主役であることを理解する。人生劇場の脚本家として自分の人生を創るつもりで生きる。とのこと。
たった一度の人生だからこそ、自分劇場を楽しく・幸せに生きる事がとても大切になる。
我慢しながら、いやな思いをしながら生きる意味はまったくない(無責任に生きる事とは異なる)。
今この場所で、この時間の過ごすことに違和感があるのなら、環境を変える事が必要な場合もあるだろう。
環境を変えた上で、自分劇場パート2を上映すれば良い。


自分らしさ ブログランキングへ

にほんブログ村





プロフィール

幸乃助

Author:幸乃助
自分探しってなんだろう?!
今この時間を生きてる事が幸せな事なんだ。
その事に気付きながらも、現状が厳しく感じる今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。