FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気功は宇宙とつながってるの?

「宇宙とつながる気功レッスン」メグミ・M.マイルズ/著を読んだ。

宇宙とつながる気功レッスン [ メグミ・M.マイルズ ]

価格:1,620円
(2016/12/11 17:01時点)
感想(1件)



気功のコツは丹田に気持ちを集中させること。
丹田は気の海であり、人体のエネルギーの中心である。
丹田に手を当てて、そこに気の玉が集まったボールをイメージして丹田に入れる。

次に手で気を集めて小さいボールをつくり、そのボールを大きくする。
両手の間のボールが大きくなった時、丹田のボールも大きくなっているイメージとなる。

それを繰り返し、最後に手にあるボールを丹田にしまう。
終わった事を意識して閉める。これを「収功」と言う。
とのこと。

気功の基本は気を感じることである。気をイメージすることができれば、宇宙につながる気功ができる。
気のパワーは誰にでもある。 でも触れたが、気が集まると手がピリピリする感じがある。目には見えないが、誰にでも気を感じる事が実感できる。

丹田のボールに対して、手でたき火にあたっているイメージや、あたかも太陽がそこにあるようにイメージする。
だんだん気が集まってきたら丹田の門を開く。これを「開門」と言い、ぐっと両手を開くイメージを持つ。
すると丹田の中のボールがぐわっと広がって、体の外に出て宇宙まで飛ばすイメージとなる。

そして宇宙から新鮮でいい気をいっぱい集めて、また丹田に帰ってくることにになる。
その気を丹田の中に入れて「閉門」する。そしてまた「開門」し、それを繰り返すことになる。それを「意念」と言う。
とのこと。

次のステップは、その気を循環させて宇宙と繋げることにある。常に新しい気に包まれる事により、「心」や「魂」が安らいだ状態となる。
自分の場合は深呼吸を行い、吸うときに新しい気を丹田に集めて、吐くときにいっきに古い気を吐き出して、どんどん新鮮な気を丹田に貯めるイメージとなる。呼吸に合わせて、気を連動させるとイメージしやすい。

関心を持つと気は見える。見えたら一切の思い込み・思い入れを捨てて無心で見る。
ポイントは「淡を保て」であり、火の熱意と水の冷静さを同時に保つことが「淡」である。
両方のバランスが保てると、気の自然の流れにうまくの乗ることができる。
とのこと。

これは生き方にも言えることだと思う。
どう生きたいのか?何がしたいのか?その事に意識を向けると、何らかのアドバイスが聞こえたり、見えたりすることがある。
それは、何気ないテレビの中での会話であったり、普段気にも留めていないポスターが、目に入ってきたりする。

なんとなくで良い。何かを感じた時には、熱意と冷静さ保ち、見極めることが出来れば自分らしい生き方が出来るのだろう。
気功を会得することは、自分の生き方を会得することに繋がると思われた。


自分らしさ ブログランキングへ

にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幸乃助

Author:幸乃助
自分探しってなんだろう?!
今この時間を生きてる事が幸せな事なんだ。
その事に気付きながらも、現状が厳しく感じる今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。